YouTubeで稼ぐ近道

YouTubeで稼ぐ近道

初めに

まず初めに、YouTubeで収益を得るのに条件があることをご存知ですか?

YouTubeは、2018年1月17日、収益化審査を行うのにチャンネルの
登録者1000人以上と総再生時間4,000時間以上
という条件が追加されたと発表しました。

今現在日本で、登録者が1000人を超えているチャンネルが約5,000存在します。
(登録者数非公開のチャンネルは除きます)
故に、YouTubeで少しでも収益を得ている人、得れる権利がある人は5000人以上もいるのです。

その仲間入りを目指し、YouTubeで一定の収益を稼げるようになる近道
実際の経験を元にご紹介します。

MEMO
筆者は1年ほど前から、登録者数10,000人弱の小さなチャンネルを密かに運営させてもらってます。

 

収益を出したいならコレをやれ

YouTubeに動画を投稿するにあたって、どのような動画を作るかが非常に重要です。
さまざまなジャンル、動画形態が存在するYouTubeにおいて

収益化を実現する近道は、

ゲーム実況です。

※ゲームに全く興味がない、ゲームをしたことがないという人でも収益化に持っていくことはできますが、きっと長く続かないと思うので、他の方法を探してみてください。

ではなぜゲーム実況が近道なのでしょうか。

それは楽しく継続できるからです。

抽象的でわかりづらいですが、これが一番大切な要素です。

チャンネル登録者1000人を超えるのに1年はかかるとよく耳にします。
1年も動画を投稿し続けるって相当根気強くないとできないですよね。
楽しくないと継続できないし、1000人を超えないと収益化できないなんて挫折するに決まってます。

そして、ゲーム実況は登録者を1000人にするのに1年もかかりません。

例外はありますが、真面目に取り組めば、だいたい2,3カ月で1000人を突破します。
登録者1000人を超えればどんどん伸びていき、収益も増えていきます。

MEMO
筆者のチャンネルは有難いことに2カ月で登録者1000人を突破して
4カ月後に月500ドルほど収益が入るようになりました。

 

デメリット

ゲーム実況をするにあたって、まずはデメリットを挙げていきます。

  • 敷居が高い
  • 既に飽和している
  • 実況主自身にファンが付きづらい

敷居が高い」とはどういうことでしょうか。
まず、どんなゲームをするにしても録画をする場合PCを使います。
そしてその際、Gaming PCを使うのほとんどです。
(ノートPCや安物でもできなくはないですが、おすすめはできません。)
自分でPCを組み立てられる、という方は別ですが、
Gaming PCを買うとなった場合、最低でも10~15万円ほど見積もる必要があります。

初期投資が絶対に必要になるので、敷居が高いと言えるでしょう。
ですがそれは、どのジャンルの動画を上げる場合も同じです。
動画を編集するのであればPCが必要になってきますし、動画投稿という点での敷居でもあります。

次に、「既に飽和している」ですが、
やはりゲーム実況はGaming PCさえあれば誰でも参入できます。
ゲームをしている多くの人は動画を撮ったことがあるのではないでしょうか。
(アップロードするかは別として)
このように誰でも気軽に始められるという点で、いろんなタイトルのゲームが飽和状態なのです。
飽和しているということはやはり、人目にとまりづらくなるということですから、デメリットと言えるでしょう。

最後に、「実況主にファンがつきづらい」です。
これは一概には言えませんが、ゲームのタイトルにファンが集まることがよくあります。
例えば、今流行りのモンスターハンターワールドの実況動画をあげるとして、
その実況動画を見て、チャンネル登録してくれたファンの方は、
スプラトゥーンの動画をあげた際には、視聴してくれない
というような現象です。

なので、モンスターハンターワールドの実況で有名になったとして、
それが飽きたのでマリオの実況に移行しても、
モンスターハンターワールドで付いたファン全員が、マリオを見てくれるわけではないのです。

ゲーム実況ではそれが顕著に出るので、他ジャンルの動画と比べると、
継続的な再生数に関わるデメリットになります。

メリット

次にメリットを挙げていきます。

  • ネタが尽きない
  • 顔を出す必要がない
  • 継続が楽
  • 長時間の動画が簡単に作れる
  • YouTubeのマネタイズ形式とマッチしている

まず初めに「ネタが尽きない」です。
これは無数にゲームの数があるという点と、ゲームがアップロードされて新たなコンテンツが加わっていく点、そして、複数人でやると同じタイトルのゲームでも違う色が出るという点からこのようなことが言えます。
仮に、毎日動画を投稿するとして、1年に365個のネタを考えなければならないわけですが、
ゲーム実況ならば “次どのゲームやろうかな” で2カ月以上ネタに困らないと思います。
(例外としてストーリー性のゲームを一気にやってしまえばそれで終わりになりますが)
1タイトルで500本近く生み出せるゲームもあるので、ネタの数は無限大です。

次に「顔を出す必要がない」です。
YouTuberになるとして、誰しも抵抗感を持ってしまうのが “顔出し” です。
仮に商品紹介やレビュー系の動画を出すとして、今や顔出しは必須でしょう。
しかしながら、ゲーム実況は声さえ入っていれば問題ないので、その敷居が低い点ではかなりメリットと言えます。
声すら入るのが嫌という方がいても、手間はかかりますがゆっくり実況を使えば顔も声も出さなくて済みます。

加えて「継続が楽
何事も楽しくなければ続きません。
ゲーム実況は、ゲームをしているだけなので、楽しみながら動画を作れます。
企画などをこまめに練る必要はありません。
気楽に、楽しく、継続的に動画を撮ることができるのです。

そして、「長時間の動画が簡単に作れる」です。
これは収益化条件の総再生時間4,000時間以上という部分と、10分以上の動画を何本も作れるという部分からメリットになります。
後者はメリットの最後に触れるので、ここでは総再生時間のことのみ説明します。

ネタの動画であったり、レビューの動画で、10分以上の動画は長すぎます。
物によれば引っ張れますが、すべての動画で10分以上尺を取るというのは不可能でしょう。
ですが、ゲーム実況ならば簡単に10分以上の動画が出来ます。
もう説明する必要も無いかもしれませんが、長い動画ほど単純に総再生時間の条件に近づくということです。

最後に「YouTubeのマネタイズ形式とマッチしている」です。
これはどういうことかというと、
基本的にYouTubeの収益は、動画再生による広告収入が主です。
なので単純に、1再生0.1円などと計算されるわけですが、

10分未満の動画には、広告が1度しか掲載されません。

逆に言えば、10分以上の動画であれば、何個でも広告を貼り付けることができます。
メリットの4つ目で紹介した「長時間の動画が簡単に作れる」というのはここにも繋がってくるのです。

そして、ゲーム実況での大きな収益形態として、YouTube Liveでの

スーパーチャットとスポンサー機能という収益化方法があります。

詳しくは書きませんが、スーパーチャットとは、
YouTube Liveの視聴者が、放送主にお金を寄付する “投げ銭” 機能です。

スポンサー機能とは言葉の通り、
チャンネル登録者がそのチャンネルを応援するという名目で月額490円を支払い、放送主をサポートする機能です。

これらは主にYouTube Live中に行えて、尚且つYouTube Liveにおいて特典の授与等があるので、
Liveが気軽に行えるゲーム実況において、
収益を増やすかなりの近道になり得るのです。

以上より、ゲーム実況はYouTubeにおいてとてつもなくマネタイズし易い動画ジャンルと言えます。

※スーパーチャットもスポンサー機能も収益化条件を満たしていないと利用できません。

MEMO
10分以上の動画とそうでない動画では、収益が2~3倍違ってきます。

最も重要なこと

最後になりますが最も重要なことです。

それは、

収益化を意識せずに楽しんで動画を作るです。

何度も書きましたが、楽しくないと絶対続きません。
そして、楽しんでないと絶対チャンネル登録者は増えません。

全ジャンルの動画に通じることですが、

楽しんで動画投稿をしていたらいつの間にか収益が発生していた。

が理想です。

そんなに甘くないだろって思われるかもしれません。

確かにその通りです。苦労もたくさんあります。

でも楽しく収益化できるのがYouTubeなのです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事は今後も編集していきますので、内容等変更があるかもしれませんがご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です